読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セブンチョーク 

ミニマリスト 旅 日記  by チャコペン

ぷらっとこだま

こんばんは。今日は得をしたことが2つもあったチャコペンです。
なので、そのうちの1つ(得の小さい方)を備忘的に書いておきます。もう1つはまた今度。

 

 

5月のGWに友の結婚式に参列するため、横浜の実家に帰ることになっていたが、何も手配をしていなかった。

いつもなら夜行バスで安く帰るのだが、今回は式が午前中からあるので、前日の最終の新幹線で帰ることにした。
そんな話を職場でしたところ、「ぷらっとこだま」という商品があることを教えてくれた。

ぷらっとこだま・・・確か大学生の時に、バイト先の静岡県民から聞いたことがある響きだったが、詳しくは知らなかった。

ぷらっとこだま」、その名の通り、東海道新幹線各駅停車のこだま号を使ったJR東海ツアーズのプランだ。

通常、京都〜新横浜間をのぞみ号なら13,250円かかるが2時間で移動する。
そこをぷらっとこだまなら、10,100円で3時間20分かけて移動する。
時間に余裕があるなら3,150円もお得な上に1ドリンク券も付いてくるのだ。

しかし今回はGWの繁忙期のため、のぞみ号なら13,450円、ぷらっとこだまなら11,200円。さらに、新横浜まで行くこだま号の最終は19:08と少し早かった。
それでもまぁいいかと申し込んだところ、生憎のグリーン車の1席しか空きがないとのことだった。
グリーン車は12,700円で確かにまだ安いが、ここまで来ると、のぞみ号との差額が750円ということになった。そしてのぞみ号なら最終は21:37だ。仕事終わりに乗るため遅い方がありがたかった。

そうなってくると、金券ショップの方が安いのではと思い、行ってみると案の定のぞみ号で12,600円だった。よし!と思って買う意思を告げたところ、GW中は使えないがいいか?とのこと。

え!?そうなの?ダメじゃん。

そうすると、金券ショップの店員さんが親切にこの時期一番安く乗る方法を教えてくれた。

それは、金券ショップでJR東海株主優待券を2,000円で買って、JRの窓口で正規の2割引で買うということだ。f:id:chalkpen:20170424003031j:plain

そうすると、株主優待券の2,000円+2割引の10,750円で12,750円でのぞみ号に乗れる。

つまりは、正規のぞみ料金13,450円よりも700円安い。そしてそれはぷらっとこだまグリーン車よりも50円高いだけになったということだ。
時間にすれば、出発時間は2時間半遅らせることができ、乗車時間は1時間20分の短縮だ。グリーン車ではないがもちろん指定席だ。

 

結局今回はぷらっとこだまを使う機会を逸失したが、いや〜得したなぁ〜。

でもこの株主優待券ってぷらっとこだまにも使えたんじゃないかな・・・?
新たな疑問が湧きつつも、要はもっと早く手配しろってことです。

 

以上

 

f:id:chalkpen:20170424003618j:plain